新型出生前診断を受ける

新型出生前診断を受けることについてご紹介します

このサイトでは、新型出生前診断についての情報をご紹介しています。
検査を受ける際にはどのような流れになるのか、診断のタイミングはいつが適切かなどをご説明しているサイトです。
さらに診断により障害が見つかる確率はどの程度かといったことや、検査の予約は一体いつまでにするべきなのかということにも触れています。
そのうえ、診断をしている病院の探し方の情報も掲載しているサイトです。
検査について疑問点がある人におすすめです。

新型出生前診断を受ける際の流れは?

新型出生前診断を受ける際の流れは? 新型出生前診断の際には、まずカウンセリングを受ける必要があります。
また診断を受けるには10週以降に達している必要もあります。
妊婦検診で通っている病院が新型出生前診断に対応している場合には、担当の医師に相談をしてみるとよいでしょう。
しかしそうでない場合には、担当の医師に相談をしたうえで希望の医療機関に受診をすることをおすすめします。
検査前の遺伝カウンセリングは、カップルでカウンセラーから説明を受けることになります。
問診のほか検査の種類や方法、検査によって分かることや検査結果を受けてどうしたらよいかなどが含まれるカウンセリングです。
そして納得の上で、妊娠10週以降に採血をして検査をすることになります。

出産する前の準備に新型出生前診断を受ける人が増加しています

出産する前の準備に新型出生前診断を受ける人が増加しています 出産前の準備として新型出生前診断を受ける人が増えています。
NIPTとも呼ばれていて、正式名称は無侵襲的出生前遺伝学的検査です。
母体から採血を行い出産する前の胎児の染色体に何かしら異常があるか調べることができます。
この新型出生前診断は採血した血に含まれるDNAの欠片を分析することによって、ダウン症の21トリソミーやエドワーズ症候群の18トリソミー、パトー症候群の13トリソミーなど、先天性染色体異常を見つけることが可能です。
結果は陽性か陰性で分かるようになっていて、高い精度で検査することができます。
従来羊水検査や母体血清マーカーテストなどが主流でしたが、例えば母体血清マーカーテストの場合は精度が低かったり、羊水検査の場合は腹部に針をさしカテーテルを子宮頸部などに入れるので、胎児にも負担をかけることがありました。
この検査方法では流産やウイルス感染などの原因にもなるのでリスクが伴っていました。
新型出生前診断を利用すると、10ccの採血で把握することができ、母体や胎児にも負担をかけず検査することが可能です。
以前の検査と比較すると高精度になっていて、陰性結果の的中率として99.99%になります。
これは確定診断ではないですが、従来の方法より精度が高いので出産前検査として最良の選択です。

新型出生前診断と家族と相談する必要があること

染色体の異常によってダウン症が発現する確率が高くなる高齢出産を行う際、新型出生前診断を行うと胎児の特定の染色体疾患を調べることができますが、陽性の際どのような選択を行うか家族と共に明確にしておく必要があります。妊娠を継続するか情報等を入手して判断する必要がありますが、新型出生前診断を受ける前に遺伝カウンセリングを受けておくと、検査や病気についての知識だけではなく陽性の際はどうしたいのか気持ちを整理することができます。
陽性の場合は、気持ちが激しく揺れ動き最適な判断を行うことが難しい場合が多いため、検査の前後に相談しておくとよいでしょう。新型出生前診断に関しては、母体から血液を採取し胎児の染色体の分析を行わなければなりません。母体の血液中には胎児の染色体がかけらとなって流れており、通常は21番染色体が2本存在するところ、ダウン症の胎児を妊娠している場合は3本存在します。
具体的には、正常の場合は1.3パーセント出現するところ、ダウン症の胎児を妊娠している場合は1.42パーセント出現することが確認されています。結果は陽性か陰性で伝えられますが、血液中の胎児由来のDNA断片量が少ない場合は判定保留という形で伝えられることもあるため、あらかじめ認識しておかなくてはなりません。

新型出生前診断の対象となるのは妊娠10週0日目から

胎児の先天性疾患を調べる方法として、新型出生前診断が注目されています。この検査は母体の血液検査によって行うことができるために胎児にリスクはなく、スクリーニング検査として非常に優れていると言われています。新型出生前診断の対象は、妊娠10週0日目以降の妊婦さんとなります。従来の非確定的検査に比べると早い段階から検査ができるというのが魅力で、赤ちゃんの様子を少しでも早く知りたいという方におすすめです。
新型出生前診断に通常年齢制限などはなく、夫婦同伴でなければ検査を受けることができないということもありません。この検査で具体的にわかることは、ダウン症候群・エドワーズ症候群・パトウ症候群・ターナー症候群・クラインフェルター症候群・XXX症候群・XYY症候群などです。このうち、ダウン症候群・エドワーズ症候群・パトウ症候群の3つが発生頻度が高く、また生まれてくることができるのもほぼこの3つの疾患となります。

NIPTに関する情報サイト

東京の新型出生前診断

Copyright © 2020 新型出生前診断を受ける all rights reserved.